埋葬する形を選択できる

利便性を追求している納骨堂では、利用する家族の要求に合わせて幅広いプラン内容を提供してくれています。代表的なのが埋葬する場所の選択で、納骨堂では料金ごとに埋葬方法が変わっていくというのが特徴なのです。基本的で一番低価格なのがロッカー式の埋葬です。これは駅などにあるコインロッカーとほぼ同じ収納スペースで、機械的に並べられたロッカースペースそれぞれに故人が埋葬されるというスタイルになるのです。かなり少スペースで合理的なスタイルですから、費用もかなり低く抑える事ができるのです。反面質素で味気無さ過ぎるのも事実ですから、経済状況と想いを考えたうえで選択した方が良い埋葬となっています。そのロッカー式埋葬より少しグレードが上がるのが仏壇式埋葬です。納骨堂ではロッカーよりもスペースを少し大きく取っている仏壇埋葬も人気です。ロッカーのようにシンプル過ぎる弔いと違い、装飾のある仏壇にて故人を埋葬する事になるので、味気無さはかなり解消されると言えます。その分ロッカーよりも料金が高くなりますので、こちらもよく考えてから選択するようにして下さい。そして仏壇式よりも高いのが墓石です。これは納骨堂内に一般的な墓石埋葬をする方法で、見た目にはかなり豪華かつ特別感のある方法です。ただこの方式になると屋外墓石埋葬とほとんど同じくらいの費用がかかりますので、メリットなどを考えてから利用するようにしましょう。以上で簡単ではありますが納骨堂における埋葬方式について紹介しましたので、始めての利用時に参考として役立ててみて下さい。